05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

極楽荘

  // 

いつの間にか野球経験の無い親の少年野球blogになってしまいました

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

選挙は全然民主主義じゃないよな 

またいつものようにとりとめの無い事を考えているのですが、ここ数年感じている事がある

それはこの国(日本だけに限らないとは思うけど)において、いかに公平と平等を保つべきなのかという点です

例えば、格差問題
こういう問題を自己責任という言葉で簡単に結びつけていてはいけないと思う

確かに、昔に比べて今の方が就職が難しい
でもそれは本人の努力次第でなんとかなる

だから自己責任

これって本当にそれで片付けてよいのでしょうか?


でも問題は、そこから外れた若者は、昔は一般的であった条件で採用されていないという事。
たとえ良い就職先を見つけたとしても、上の世代の方が保護されていて、若い世代の方が有利だという事は何一つない。

それを決めるのはその会社の上層部である。若い世代は従うだけ。

たとえそれがおかしいと思っていようが、日本人の平均以上の給与をもらっている人間は、その仕事を失わないように異をとなえたりしない。


先日、中日の優勝が決まったが落合は今年限りだという。
理由は「落合だと観客が増えない」という事が大きいらしい。
でもそれって、本当に落合のせいなんだろうか?そういうのは経営陣が(当然達成されると予想出来る)目標と方針を決め、それにあわせたビジネスモデルを創り出さなければならないはずだと思う。

シリーズ内の勝ち負けも監督のせい、観客動員も監督のせい。スポンサーが離れたのも落合のせい。

優勝出来るかどうかは、監督の責任だ。しかしそれ以外は経営陣の責任だろう。でも監督は優勝してもクビ、経営陣は動員数が落ちても責任は無し。
こういう風潮が多すぎないか?



小さな会社だろうが、上場企業だろうが、スポーツ興行だろうが、国の政治だろうが、全てにおいて、こんな事ばかりじゃない?


ナベツネの発言について、日刊ゲンダイが「球界の私物化」だと批判した。

俺はナベツネなんて大嫌いだけど、別に私物化なんてしてない。私物化しているかのように報道されているだけだ。

まるで影響力がすごいかのように(もちろん影響力はあるんだろうけど)、”マスコミ自身で、ネタを自分らで探す力がないから”いちいち誰かに何かを言わせて、その発言を「あたかも問題かのように」取り上げて報道するマスコミの姿勢に問題は無いのだろうか?
まず批判すべきはそこだろう

ナベツネだって巨人ありきの考えなんだろうけど、いちいち答えているのは球界の話題作りも含めたサービスとして答えてるんだろうし



首相へのぶら下がり会見ってのも、結局は毎日何か記事作らなくちゃいけない新聞社が楽をする為だし、記者クラブの特権の独占によるフリージャーナリストの排除で公平性や平等性に著しく欠けている

そんな事しかしていなければ、そりゃあ部数も落ちて当然だろ。
でもそれを誰か(もしくはネット等)のせいにしてる。でも部数は落とせないから押し紙を販売店に押し付ける。

これが社会の正義を報道するジャーナリズムの精神か?


話がそれましたが、本当に公平じゃない事がまかり通っているなって思う。



だからといって日本人は

暴動を起こすほどバカでもなくて
暴動を起こすほど貧しくもなく
暴動を起こすほどパワーもない


でも、本当はまっとうに働いて、まっとうに評価(国内だけに限らず)される、そんな世の中になってほしいって、みんな思ってる


そんな中で、より効果のある方法として広告主をターゲットにするデモという手法が、毎日新聞の変態記事問題の頃あたりから、一般的になって来た

ちゃんと主張する内容を、マスコミにおかしな形で報道されないような目的を並べて、暴動ではなく不買や契約の終了という「小さいながらも明確な結果」を目的にしたサイレントクレームで対抗しようとしている。

みみっちい話にも見えるが、無駄を嫌い、争いを避ける日本人の気質にあった手段だと思う。


今の日本の問題は、「選挙=民主主義」、「多数決=民主主義」という幻想を土台にしているから起きる事なんじゃないだろうか?


俺は、国からサポートのある人や団体、例えば郵便局や電力会社、公共電波を使用した放送局も、さらに言えば農家や農協等の団体、公務員、準公務員も含めて、こういう人らは一般企業に勤めて年金も健康保険もしっかり納めて給与から源泉徴収されるような人らと、同じだけの選挙権を持っていてはいけないと思う。

さらには生活保護世帯なんか、最たるものだ。もっと言うなら専業主婦もそう。


なぜかというと、そういうものは「確実に」票田になってしまうから。

一般人は全て浮動票で、確実な票田にはならないけど、そういう人らは同じ利益を国から供給されるので、投票の基準が明確になってしまう。


俺から見れば


これこそが汚職なんじゃないの?


って思う




だからと言って生活保護世帯を無くせ、とか言っているわけじゃない


もちろん国が守る、だが、お前らは俺らと同じ権利だと思うな


これは不平等じゃないと思うんだ




社会における父性、母性、という見方もあると思う。(男女ではない)

なんだかんだ言っても、外から金を持って来て、家(国)に金を渡す人間が強くなければならない。
家(国)を守って、家計を整える役割も大事だけど、外から金が来なけりゃ内部にも金は回らない。


メイン労働者が一番権利と決定権があって当然。

ステレオタイプな例えになっちゃったけど、

2世帯家族で、とーちゃんもかーちゃんもじーちゃん、ばーちゃんも、ニートの子供も大学生の子供も20歳超えてれば、同じだけの決定権がありますってのは、ど~~~~~~~考えてもおかしい。



もちろんここに男女や年齢を加味したらいかん。
だからさ、こんな感じにすべきだと思うんだよね



一定基準を満たした労働者の選挙権を1以上にする

同一労働、同一賃金にする
(正社員という概念を消滅させる)

能力の無い人間をクビに出来るようにする
(世代のせいで埋もれる人間を、国として有効活用する)

年金は簡略化して、基礎的な年金(現状集金出来た総数を年金需給予定者も含めた総数からの一人分を算出し分割)と消費税で運営する
(そうすれば無駄な人件費とか省こうとするし、不公平じゃないし、払わないやつらがおかしいって事になる)

公務員給与に上限を設ける(日本人の平均給与と同レベルに)

徹底したシステム化を行い、公務員を減らす

基本的に全ての財源を消費税でまかない、個人の所得税、法人税を廃止。残りは生活品以外の嗜好品等に税金をかける(宗教もヤクザも国会議員も公務員も、さらに言えば企業からも公平に税金を収集)

反日思想の人間は国会議員にしない




だからと言ってセーフティネットはもっとちゃんとする



保護世帯に現金を支給しない

その代わり制限のある暮らしだが、無料で済める場所と食事を提供する

働きたくないやつは、働かなくてもよいので、セーフティネット内で生活
(保護すべきかすべきでないかの判断を無くす)

フルタイムワーカーで基準に満たない人間には、国から一定額までの補填がある
(一定額=最低時給×フルタイム分というラインではダメ)





ただしこれら全ては「日本国籍を有するもののみ」


こんな感じにシンプルになればいいと思うんだよね、、、、、

テーマ: 今日のつぶやき

ジャンル: 日記

日記  /  tb: 0  /  cm: 1  /  △top

この記事に対するコメント

選挙にはいつ出ますか?
私の清くない一票を極楽さんに!

落合の社長との握手拒否には落合らしさが出てましたね。
その後のビールかけで社長の回りに誰もいないってのも寂しいものがありましたが・・・

URL | バサラ #-

2011/10/25 10:47 * edit *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://gokurakumakoto.blog11.fc2.com/tb.php/426-1b6bb846
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。