05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

極楽荘

  // 

いつの間にか野球経験の無い親の少年野球blogになってしまいました

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

MAJOR 良展開 

どうもこのblogには「MAJOR 超展開」という検索で来られる方が結構いるらしい

MAJOR 超展開



確かにあの頃のMAJORの展開はちょっと強引に感じました


しかし最近、、、、、


最近いろんな伏線をまとめ始めていて、良い展開だと思います


どうせ吾郎が投げるのはわかっていたんだけど、どんな理由で読者を納得させるか?それを楽しみにしていました





そこにワッツ監督のバッツ優勝時に腰痛なのに投げたエピソードを繋げる

日本での状況も一応納得させるように薫から薫父へ理由を説明させる



なるほどね~、やっぱりこの人は上手い
天才じゃないけど、ちゃんと話を繋げる事に関しては天下一品だと思う


話の展開は無理があるんだよ、結局簡単にHRで終る事が多いし
でも打つ理由だけはちゃんと用意している
ちゃんとドラマを書ける漫画家なんだよな

「健太やります!」の時もそうだった、無理はあるけど伏線をちゃんと回収してまとめてしまうんだよ





今週号もチャンスにマードックの打順

当然打てない、マードックにもドラマはある


でも当然打てない、打たさない




だって寿也が次に控えているのに打つわけが無い


当然寿也が打つ、そんなのわかってるんだけどそこにまた一つ伏線をかぶせてきた



お母さんの存在



無邪気だった寿也は、両親の離婚により黒寿也になってしまった過去がある

今は白寿也に戻ったけど、このテーマは処理していなかった

正直な話忘れてたw



でもここでそれをちゃんと持ってくるんだよね




そうだった、MAJORは親子のドラマでもあるんだった



最後は

おとさんと自分
そして自分と生まれてくる子供

この一番のテーマが残っている

でも桃子、父の茂野との話も当然出てくるだろうし、ここで寿也も親と子の絆を感じるような場面があると、最大のテーマもいっそう盛り上がるじゃないですか!


上手いなあ

飽きもせず毎週読んだ甲斐があります




さあ、いよいよクライマックス

どんな展開になるのか楽しみです





テーマ: 漫画の感想

ジャンル: アニメ・コミック

独り言  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

この記事に対するコメント

No title

健太のその後は最悪の部類ですが、、、、、wwww

吾郎は倒れないような気がする

おとさん見守る中でキャッチボールってのは最後のシーンになりそう


作者本人も健太の最後があまりにひどいと話題になったの知ってるから王道の泣かせるラストにするはず!

URL | 極楽 #-

2010/05/11 23:45 * edit *

No title

健太のときもそうでしたが、その後が描かれて終わるっていいですよね。
吾郎が投げきって、最後倒れる。
マウンドで仰向けになって光が差し込んで意識が・・。
で、どうなったの?と思わせて最後息子とキャッチボールじゃないですか。
死んでエンドレスだけは勘弁・・。

URL | 504 #-

2010/05/07 22:57 * edit *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://gokurakumakoto.blog11.fc2.com/tb.php/383-061e18a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。