04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

極楽荘

  // 

いつの間にか野球経験の無い親の少年野球blogになってしまいました

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

ふと、気付くと 

以前書いたトレーニングとしてのジョギング(3~4km)を続けている

一応、素振りもちゃんとやっているようです

素振りは規定回数超えたら、バッティングセンター1回分というご褒美付き


馬ニンジン的にしている訳ではないのですが、楽しみもあった方がいいかな、と思い連れて行っています



ジョギングは途中歩いてもいいから、続ける事を目標にやっているようです(コレはかみさんと子供で決めた事みたいなので、俺はノータッチ)



風呂上りの子供の背中を見たのですが、ふと気付くと、、、、、、









「なんかいい体型になってきたな、、、、、」





子供特有の無駄な贅肉の無い、なおかつしまった筋肉質な体になっていました




そりゃ、毎日毎日バカみたいに続けていれば、体も変わってきますよね

クラスの中でも運動が出来る方にいるみたいです
跳び箱とかも結構飛べるみたいだし





自分としては、そんなに「今ここでの成果」という物に固執している訳ではないので、結果はどうでも良いのですが




自分はコレが出来る


自分にはコレが続けられる



そんな事を自分の実感として信じられるようになれば、それだけで良いと思うのです

一所懸命に頑張れば結果はおのずと付いてくる物だ、というのは自分の短い人生の中で得た教訓の一つです



もし自分の子供がそれを実感出来たのであれば、育てる側としてはこれほどうれしい事はありません

結果は何らかの形で帰ってくるものです
もし、例え、あまり思ったような結果が返って来なかったとしても、「それをやり遂げた自分」が残ると思うのです



いつかそういった事を教えなきゃと思っていたのですが、いつの間にか勝手に子供が実践しているなんて驚きですよね




まだまだ先は長い、まだ小学3年生の子供です
あせって結果にはこだわらず、やった事を褒めてあげないといけないなと思いました



うちの子は本当に要領が悪いのです
こないだの練習で、サーキットトレーニングをしていましたが、本当にバカみたいにサボらずやっているのです

ラダー、反復横跳び、もも上げ、、、、、いろいろ混ぜたトレーニングなのですが、要領の良い子はちょっとずつ誤魔化しながら、ある意味ズルしながら回数をこなすのですが、うちの子はホントバカ正直なんでしょうね

ひとつひとつの動作を誤魔化さずにやっていました
結果的に他の子に回数では負けてしまいましたが、本気で限界までやる姿にちょっと感動しました


「ちゃんとやる事」って難しいですが、結果が出なくても「ちゃんとやる事」を褒めてあげたいと思います






野球の事なんて全然わからないのにチームのサポートスタッフになって3ヶ月くらい経ちました


最初はやる事もわからず、子供もあまり面識もない子ばかりだったのですが、新チームになった今は全員わかります
練習も毎回手伝っています

それでも自分の役割は何なのだろうと思う事が多かったです



思ったのですが野球の事は教えられないので、励まし役になればいいのかな?なんて考えてます


低学年なので野球になっていな子が多いのです
フリーバッティングでもあまり当たらない子も多いし
やっぱり全然打てないとしょげてる子がいるのです



そんな子を励ます大人がいてもいいかな?と思いました



コーチと父母会の間で子供を励ます役、ってのが自分のやるべき事なのかなというのが現時点での答えです


これからもっと関わっていけば変わることもあるでしょうが、次からそんな意識でやっていこうかと考えています



テーマ: 少年野球

ジャンル: スポーツ

少年野球  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://gokurakumakoto.blog11.fc2.com/tb.php/357-0a67e6d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。