08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

極楽荘

  // 

いつの間にか野球経験の無い親の少年野球blogになってしまいました

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

新しい時代 

長らく放置してすいませんでした

気づけばドン底の不況
日本も新しい時代になりました

さらに新しい時代に旅立つ人もいます


私のいる業界は製造業です
すごい不況です
びっくりしますよ
週1勤務ってトコもあります
想像できますか?勤務するのが1日なんですよ?


それでいろいろ考えたんですが、、、、

日本という国はものづくりの国として栄えて来ました

「もの」の無い時代に「モノ」は貴重でした
当然それを作る事も重宝されました

いろいろなものを作れるようになりました


あと何が欲しいですか?
車?クーラー?デジカメ?

みんな持ってますよね


つい最近家電屋に行きました
大型のTVが安い!!
32型で6万円台?
数年前なら考えられません


ここでふと考えたのですが、6万円で大型液晶の32型が買える
これって本当にすごいことです

でも同時に思うのが、こういうものが普通に買える値段で商売をするメーカーは大変だろうな、、
大型の液晶TVは数年前はステイタスだったと思いますが、数年で庶民のものになってしまいました

数年ですよ、数年

おそらく日本の住宅事情の許す限りの大きさのTVを持つ事が、それほど無理な値段ではなく広がってきています
ここで一気に日本全国に広がって、もうこの商品は終わりでしょう
ペンペン草くらいしか生えない市場になるのではないでしょうか?


このように市場の淘汰の早さが半端じゃ無い気がします
だからこそ1歩遅れる事が致命的になります
それが効率を高める必要性に繋がってくるのですが、その効率が、逆方向に働いた時にどのような作用をするかは、想像に難くない

つまり反動もすごいわけです

在庫を極力持たない生産方式は、注文があって成り立つのであって注文が少なくなれば必然的に稼動する事すら出来なくなってくるわけで、正直な話日本はそこのレベルまで到達しています



バブル後の経済により製造単価は著しく下がりました
結局一度下がったものは上がりません

「ああ、下げられるんだ」って思われただけです
そしてここ数年間だけ景気が良かったですが、いくら良くなっても製造単価は下がったままです
不景気レベルの製造単価で景気が良くなるのですから、メーカーにしてみれば利益が上がります

つまり100のコストで120で売れば20の利益だったものが、50のコストで80で売れば30の利益が出るという事が、ここ数年の上場企業の好景気で、結局世の中には50の金しか出回らないわけで、その50を下流で食い合ってる状態です

大企業的には30の利益で、増益だ、万歳となりますが、それは短いスパンの話であって50しか出回らないという事は80のものすら買えない人も出てくる訳です


特に27~35歳くらいの世代が、まさにこの状態にある訳です
でもそれが必ずしも不幸では無いのかもしれないとも思うようになりました


なぜかというと自分の後輩を見ても、「この状態が普通」なんです、他を知らないから
むしろ好景気を知っている45歳くらいの人の方が、以前に比べて下がった状態なので、つらそうに見えなくも無い


好景気に自分の中の物欲を刺激されまくった世代と、不景気の中でたいした出世を求めず自分の生活を気持ちよく過ごす事に長けた世代に分かれているように感じます


好景気世代の人たちと一緒にいると、ゴルフクラブが欲しいとか、新しい車が欲しいとか色々聞きます
不景気世代の人間は、そもそもそんな所に需要が無いので不足を感じていない

こういう時代になってきているのだと思います

それはそれで悪くないよな、、、、、と思っています


「いつかは~~」なんて宣伝文句で、それを求める人間(考えない消費者)を作り上げる事で成り立つ生活ではなくて、もっと大切なものがあるよって普通に思える生活にしてほしい
人々の繋がりとか、家族の絆とか、もう一度考えられるような生活が普通になって欲しい

秋津コミュニティーとか、こういうのが増えてほしい



即効性の意味や、メリットだけじゃなくて

そういった「繋がり」がそこに「ある」という安心感

こういう事こそ次の世代に残してやらなければいけない事だと思うのです



話が繋がるのかよくわかりませんが、今年から地元横浜ベイスターズを大々的に応援していきたいと思いますww

今日勝てば最下位脱出!!熱く!熱く!熱く!立ち上がれ!


テーマ: 今日のつぶやき

ジャンル: 日記

独り言  /  tb: 0  /  cm: 8  /  △top

この記事に対するコメント

>おとめへ

なるほど!!

う~~~ん、何回読んでも「なるほど!!!」って感じだな

母だけじゃなくて今の社会が作り出してる面も大きいと思うけどね

URL | 極楽 #-

2009/04/22 15:37 * edit *

>ぼるさんへ

>海外に持っていけば『普通』扱いなんじゃないかなぁ

それはありますね、こんなのもそうかと、、、、
http://2525club.blog61.fc2.com/blog-entry-927.html


>低コストで高品質を実現

出来ると思うのですが、実現するまでに、いろいろなコストがかかると思うのです。
さらに人や知識や技術の積み重ね等の連続性が保たれているから実現出来ていると思うのですが、その日本全国に散らばった財産が保てない景気になっているのが怖いんですよね、、、

URL | 極楽 #-

2009/04/22 15:32 * edit *

アンチ草食

草食ってデリケート過ぎて、男としての魅力が感じないんだけど…。
常に業績を上げ続けることが、株式会社の存続意義だから、自分を良く見せる(=成約を沢山取ろうとする)欲さえない草食男子は、実際困ってるみたい。

草食男子は、団塊の世代の会社一辺倒の「夫」のお陰で、「妻」として生きることに失望した女(男女雇用均等法施行以前に社会に出た年代だから、「会社人」として生きる望みも絶たれている)が、「母」としてしか自己存在の確立ができなかったから、手間を掛け続け、また物質的に満たし続けて、「母」というステイタスにしがみつく自分を輝かせるために造り出した生き物ですよ。
だから、「母」から見て嫌だった、「夫」のガツガツした面を、育たないうちに「母」が殺したんです。


草食男子は、社会や景気動向云々のみならず、家庭で造られた部分も大きいよ。

URL | おとめ #lMBqkpAs

2009/04/22 08:47 * edit *

No title

まだまだ大量生産&大量消費は可能だと思うけど、金を腐らせてる団塊の世代のさらに上がウヨウヨ居るわけでw

少なくても、本当の粗悪品は日本で出回らないと思うよ。それこそ、インドや中国でバカ売れする安くて品質の悪い物ってのは存在するけどね

極楽ちゃの思ってる粗悪品でも、海外に持っていけば『普通』扱いなんじゃないかなぁ?

アメリカは駄々っ子だから、気に入らないと捻じ曲げちゃうトコがあるからねぇ。バイオ燃料とかさw
でも、今回の事で少し変わるんじゃないかな?

本当の高い技術ってのは、低コストで高品質を実現できると思うよ
安く作って品質が落ちるならソレは二流じゃないかなっと

URL | ぼる #-

2009/04/22 01:15 * edit *

>おとめへ

45~55くらいの世代の人らってすごいよな、欲が
物欲も性欲も

まぁ、自分なんて草食系ってやつですかねwww


職人が作ったものが高いのは当たり前だよね

1.でもそれだと皆に行き渡らなくなって高級品になってしまう

2.それの製造工程を簡略化出来ました

3.物は違いますが「着物」という商品名は同じ

4.2極化


さらに2→3の流れの中で生まれる差益が今日の発展を支えてきてるのも事実で、これが世界で最も上手いのが日本なんだよね、、、


職人に対価を払うのは当然だけど、家建てるのに2千万とかかかるのは、どうしても納得いかない


URL | 極楽 #-

2009/04/21 09:27 * edit *

>ぼるさんへ

ただいまw

世の中どんな風になっていくのかわからないけど、大量に生産するには大量に買う人が必要なわけで、世界でトップの少子高齢化社会では、もうそれは成り立たなくなってる気がします
かといって、インドや中国でバカ売れするほどの単価では製造出来ない、、、、

これからは1級品(国産)を使う上流と粗悪品を使う下流の社会になっていくんじゃないかな

コア技術はまだあるにはあるけど、アメリカが本気を出したら世の中の仕組みから覆してくる力があると思っています

ハイブリッドは知識としての技術も必要なんですが、製造する段階での携わる人間全ての意識の高さが必要みたいです
プリウスの部品作ってる会社で聞くと、日本でも他の会社では、そうそう出来ない研磨をやってるとの事
こういった積み重ねも失われてしまうと思うと悲しいですな、、、

URL | 極楽 #-

2009/04/21 09:15 * edit *

確かに

そう云えば、「車は、維持費やらがばかにならないから要らないですよ~」とか云うと、今の40代後半以上のひとってびっくりするよね。
以前の若者がステイタスとして持ちたがったモノが、今は不要になってしまっていると云う…。
まあ、仕事行くにも、ちょっとした買い物行くにも、何するにも車が必要な地方は別のハナシでしょうが。

大量生産大量消費に荒んだ心には、着物が良いよ。
職人さんの手仕事に対して、相応の対価を払わなきゃならないけど、それがしょうがないことだって思えるもの。
社会に出た以降、H○NDAの安いハイブリッド車が買えるくらいの金額は軽くつっこんできましたわ(祖母が誂えてくれたのも含めて)。


これからは、ヨーロッパみたいな社会民主主義が、台頭しますかねえ…。

URL | おとめ #lMBqkpAs

2009/04/20 23:23 * edit *

No title

おかえりw

大量生産大量消費の時代は終わったと思います。
必要な時(所)に必要な物をの時代なのかなぁっと

個人的には、農工業(農業の工業化したもの)が発展するかなぁっと。。。そーゆー会社がいいなぁw

あと、後先考えずに技術提供なんてするから、不況で右往左往しちゃう現状なわけで、、、
コア技術を握っている電池関係やハイブリット関係は不況関係ないのよねぇ

URL | ぼる #-

2009/04/20 19:53 * edit *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://gokurakumakoto.blog11.fc2.com/tb.php/268-55a03f24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。