07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

極楽荘

  // 

いつの間にか野球経験の無い親の少年野球blogになってしまいました

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

 

ワークライフバランスって、なんだか知ってますか?

仕事と生活の調和とかって言ってますけどねぇ!

http://www8.cao.go.jp/wlb/

いや~~~~、確かにね、言ってる事は悪くないですよ

・若年者等における正社員以外の増加
・労働時間の二極化

とかは、まあその通りですよ

そんで

皆さんも自らの仕事と生活の調和の在り方を考えてみませんか

と、来たもんだよ



でもさ、、、、、、、、、


現実問題としてどうすればいいのよ?ってトコが完全に抜け落ちてないか?


この日本の現状は、どのようにして作られている?

大メーカーが派遣社員やパート、アルバイトを使い捨てるようにシステムを回して利益を上げてるんでしょ
そのレベルを中小企業は、サビ残して無理してついていくのがやっとなんじゃん


デスマーチ真っ最中の小規模システム会社の開発現場に行って、「皆さんも自らの仕事と生活の調和の在り方を考えてみませんか」って言えるか?

ネカフェ難民集めて「皆さんも自らの仕事と生活の調和の在り方を考えてみませんか」って言えるか?



つい最近、蟹工船も読みました
今とあんまり変わらないですよね


どこぞの服飾店は社員の8割が店長とかさ
それがまかり通ってるんですよ
でもそのレベルにしないと生き残っていけないんでしょう
西濃運輸 健保組合も解体しましたね


もう日本はすべてがギリギリ崖っぷちの会社ばかりで必死なのかもしれません




どうすればいいんでしょうね、、、、、、



例えば、夜働かない社会にするってのはどうでしょう?

確かに、コンビニやスーパーの24時間営業は便利です
コールセンター、サポートセンターも24時間ってのが多いですよね

こういったサービスの過剰化を防ぐ事が、余計な競争で社会や人の疲弊を防ぐのでは?
本当は21時くらいがいいんですが、せめて23時以降の企業活動を一切停止するとか

深夜でないと出来ない工事とかそういったものは登録制
深夜化出来ない業務を規定

遊びに関係するものは深夜でも推奨(飲み屋、繁華街)

とかね



CO2削減もしないといけないんだから、もっと規制していいんじゃないでしょうか?

だって「規制緩和」ってのは、お金持ってる人たちがより企業活動をしやすくなるように規制を緩和するんでしょ
一般市民は関係無いんだからさ

夜は家で過ごしたいよ、本当に



もちろん不便になると思うんですけど、日本人って案外慣れるの早いですし、諦めるのも早いから、こうなっちゃったんだからしょうがないよね、ってなるような(ならないか?w)



あと、有給休暇というものが幻想になっている会社がかなりあると思います。それの罰則強化

ストライキの推奨(鉄道とかバスとか工場とか)



こんだけ精密化したシステムの上で、生活して仕事しているのが、現状を加速させてるんだから、そのシステムを不安定にすればいろいろなものが変わるんじゃないでしょうか?




そんな事したら日本の経済はどうなるんだ?って怒られるかもしれませんね

でもね、「日本の経済」なんてものを気にしている人が高給取って
「明日からの生活」ばかりを気にしている人が低所得で、、、、

こんな社会だからいけないような気がするんですよ


高給取ってる人が問題なのではありません
(NHKの役員が高給をもらってるのは許せないけど)
低所得ではまともに暮らせないのが問題なんだと思います



全然やる気が無い人はしょうがないけど低所得でも一度レールから外れても、やろうと思ったら普通に暮らせるような世の中にならないですかね?

(自分に差別意識がある事は否定しなし、問題は他にもたくさんあるのはわかってるけど)在日に生活保護出して、日本人が自殺してていいですか?
日記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://gokurakumakoto.blog11.fc2.com/tb.php/241-1262c83f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。