05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

極楽荘

  // 

いつの間にか野球経験の無い親の少年野球blogになってしまいました

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

良作 

放置状態が続いていましたが、久々に更新します

最近見た映画でなかなかよかったものなんですが、子供用にと思って借りてきたのですが良かった

「河童のクゥと夏休み」



シンプルな絵、大々的でないファンタジー(河童がいるという設定だけ)、大げさじゃないリアクション
なのに、何故こんなに心が打たれるんだろう?

ちょっと調べてみたら監督は原恵一さんでした



「おまえだったのか~~~~!!!!」



このひとは「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」で俺を号泣させた人です

この映画は本当にすごい、子供映画で全然子供向けじゃない大人のストーリーを見せた人です
クレしん映画と侮るなかれ、これだけ感動してしまう映画はめったにないですよ
これは一度見るべし




河童の方は、ありきたりな日常のように河童が入ってくるという設定ですが、普通の事を普通に描くという作業の地道さと謙虚さに脱帽

さわやかに感動したいならおすすめです
決して自然破壊に対してのメッセージでもないし、何が正しいとも言ってない

いろいろな世代が同時に見れる映画になっています


多少ネタバレありなので見てから、、、、、
特に心に残るのがクゥの礼儀正しさでした

「ありがとうごぜぇやす」「お世話になりやした」

当たり前の事を当たり前に言う、それだけで新鮮なんてどれだけ病んでるんだろう?


一番印象的だったのは、最後、コーイチとキクチがクゥに「これは運命だったんだ」言われた時の表情
ここでふたりとも完全な無表情
子供らしさを演出するならここで「うん!!」とか言ってね、なんかハッピーなシーンになりそうなんですが、それをあえてしない。このへんが監督の憎い所ですね


あとは泣いているキクチを置いて逃げるように帰るコーイチ

「おい、ちょっと待てよ」と思いながらも、自分が子供だった時を思えば、、、、、なんて思いが蘇ります

簡単にわかりやすい答えにしない、けれど別に投げっぱなしではない
それを見て大人でも同世代の子供でもそれぞれ思うことが出来る
こういう映画ってあんまり無いような気がします(あえて言うならトトロか?)


トトロって「面白い」って言う人より「好き」って言う人の方が多いですよね
ラピュタなら「面白い」でしょうね

どちらかと言えば前者に属するのかもしれません

テーマ: DVDで見た映画

ジャンル: 映画

映画  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

この記事に対するコメント

>ぼるさん

ちょっと頭おかしくなってきたような気がしますけど、、、、

暑さのせいにしておきますw

URL | 極楽 #-

2008/08/05 18:08 * edit *

デューイが頑張ってたよ!w

URL | ぼる #-

2008/08/04 17:47 * edit *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://gokurakumakoto.blog11.fc2.com/tb.php/236-8667ee90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。