05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

極楽荘

  // 

いつの間にか野球経験の無い親の少年野球blogになってしまいました

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

家族というものの機能について 

「イカとくじら」(65点)



家庭の崩壊をクスっとわらってしまうようなコメディタッチで描いた映画です

バラバラの家庭

求められていない純文学を書き、当然売れない父親
後から物書きになり売れっ子になって不倫している母親
父親の権威を借りて、何も無いくせに世を斜に見て評価ばかりしている長男
権威なんかは糞食らえで俗物として生きることを決めアル中一直線の次男

みんな身勝手です
全員揃いも揃って俗物です
しかも醜い、そしてそれがリアルだ

しかし問題はココですね

「なんでこうなっちゃったの?」

という事


まともに家庭というものが機能していればこうはならなかったのではないでしょうか?

その本当の原因は物語を進めていく中ですこしずつ問題を掴めそうな所まで来ます
それで終わりなのかと思いました

「家庭崩壊の本当の原因」が本当のテーマだったんだと思っていましたが、最後の5分で物語は微妙に進展します。そこで本当の原因に気づく長男

つまりこの映画の本当のテーマは

「今まさに親離れして一人の大人として自立する瞬間」

を描いたものではないのかと思います
ひどい登場人物の映画だったのに、なぜか見終わったあともネットリ来ないという、面白い映画でした

要は自分たちの住んでいる世界がそれくらい歪んでいるのかもしれませんけどね、、、、、、


最近アスペルガー症候群、アダルトチルドレン、境界性パーソナリティー障害、これらについていろいろ見ています


そんななかこんな映画も見ました

うちの子供は大のジブリ好き
ツタヤ半額のキャンペーンという事もあり、久々に借りてきました
もちろん見た事はあります
その当時はそれほど感じなかったのですこの作品はそういった社会で生き辛い人を描いた作品だったのか、と思いました

「おもひでぽろぽろ」



細かい説明不要ですね

主人公のタエ子はごくごく普通の女の子として描かれているようで、所々に生き辛い人の片鱗を見せます

アスペルガー等の症状でよく言われる

抽象概念の捉え方が柔軟でない、という事

それは作中で言われる「分数の割り算」に当てはまるのかもしれません
母親もそれはすこし感じていて、「あの子はおかしい」という発言をしてしまったり
こんな作品だったとは思ってもいませんでした


こんな作品を狂乱のバブル時代に考えていたなんて、物事を表現する人って凄いなと感じました


ただ単にノスタルジックに昔のことを思い出す映画だと思っている人は、ちょっと見方を変えてみると良いかもしれないですよ
自分もこういう事を気にするくらい年をとったんだなと実感してしまいました

昔は良かったという人もいるけど、本当に良かったのでしょうか?
何が正しくて、何が正しくないかはわかりません
日本の家庭、家族のあり方というものも、ちゃんと考えるべきなのではないかなと思いました


~追記~

うまくまとめ切れませんでした。
言いたかったのは、普通と呼ばれるものに含まれる悪い部分についてだったのです
一見普通の家庭に見られるけれど、両親の行動や言動にも問題は潜んでいるんだと思います
よく見てみるとそのあたりが非常に細かく書かれています
成績表を見ての母の言動、父親の家庭でのあり方。
悪いわけではないのだが、本人にとってのこっている思い出ってのはこういうものなのかな、、、、、

今自分が家族や家庭を持つという事について悩んでいるからなのかそういった事に目が行ってしまいました。


結構深いテーマを扱った話だと思うんですが、WEB上のレビューではあまり評価が高くないんですね
アニメでやる内容じゃない云々言われていますが、アニメでやったから意味があるんじゃないかな
(あのシワに目が行ってしまって見落としてしまったのかもw)

本当の普通のありふれた日本の高度経済成長の家庭や環境
そしてそれが大人になってどのように影響するか?
それを辿る為のストーリー

アニメは子供を対象にしている事が多いわけで、そんななかその子供たちを相手に戦って来た高畑氏ならではの「このままでいいのだろうか?」という葛藤が出ているのではないでしょうか?



ストーリーとしてハリウッド的に完結しないと映画じゃない、という人には向いてないんでしょうけど、もう一度見て良かったな、と感じました
こういう戦い方があるんだな、、、、、と

宮崎作品>>>>>高畑作品
の図式が皆あるんだろうけど、コレは埋もれさせていくには惜しいなぁ


自分は「千と千尋の神隠し」が大好きで何度も見ました(子供と一緒に見てるので100回以上は見てると思う、、、、、OTZ)
「おもひで」には、「千と千尋」が書かれなければいけなかった原因、を見たような気がします



テーマ: 映画感想

ジャンル: 映画

映画  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

この記事に対するコメント

>バサラさん

SAW4はダメダメでしたね~、
かなり眠かったのもあるのですが、外人なら区別つくのかもしれないですけど、あの白人二人が途中から区別が付かなくなりましたwww
SAWは1が一番いいですね


外さないのを期待するならボーンアルティメイタムでしょう!
ストーリー云々ではなく、マットディモンかっこええー!って感じで見るのが良いかと

URL | 極楽 #-

2008/05/21 00:17 * edit *

渋い映画をいろいろ見てますね。最近見たのはsaw4とパイレーツオブカリビアンです。どちらもがっかり><

URL | バサラ #-

2008/05/20 10:56 * edit *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://gokurakumakoto.blog11.fc2.com/tb.php/215-e5b753e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。