05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

極楽荘

  // 

いつの間にか野球経験の無い親の少年野球blogになってしまいました

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

作中でアレ?と思う瞬間 

「モーツァルトとクジラ」(50点)






主人公もヒロインもアスペルガー症候群という設定のラブストーリー
え~~っと、簡単に言うとそれだけです
ストーリー自体は特に見るべきものはありません

アスペルガー症候群という障害を扱っているのですが、どうみても、もうちょっと症状がイっちゃった人が多い
アスペルガー症候群、高機能自閉症ってこんなもの?それとも日本人との違い?
今まで考えていたアスペルガーと全然違いました

しかも主人公は当然ストーリーの主軸になるわけなのですが、当然ダラダラとしているわけもなく効率的にストーリー進行に合わせて突然アスペっぽさ全開になったりならなかったりで、非常に不自然wwww

重要な要素であるにもかかわらず劇中に説明が一切無いのも不親切かな、、、、
本当は説明しなくてもわかる、ってのが一番よいのですけどね

こんな感じに病状の描写がおかしいと不自然に見えてしまうという映画が他にもありました



「モーターサイクルダイアリーズ」(65点)




話自体は好きです。たいして盛り上がらない系の映画
よくある映画の風景ではなくて、南米の風景が素敵です

淡々と進む話なのですが、主人公の喘息がすごい

楳図かずお的な病状描写wwww「ギャー!!」って感じwwww
「バターーン!!」という擬音が付きそうな倒れ方をします

あの設定は無くても良かったと思うんだけどね

テーマ: 映画感想

ジャンル: 映画

映画  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://gokurakumakoto.blog11.fc2.com/tb.php/214-4fbb9aca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。