09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

極楽荘

  // 

いつの間にか野球経験の無い親の少年野球blogになってしまいました

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

100%満足するゲームなんてあるのか? 

ここのところゲームの話題が多いですが、またゲームの話です

自分の子供時代はゲームの進化とともにあったなぁと思います

自分は幼稚園の頃はゲームウォッチでした


パクパクマンⅡ」が最初に買ってもらったゲームです

任天堂はこのころから良ゲーをたくさん出していました。
自分が持っていたものでは
ポパイ
シェフ
ドンキーコング(上下画面、DSの元祖みたいなもんか?)


他にも
オクトパス
ファイア

みんな面白かったですね

今やったとしてもオクトパスなんかは結構面白いんじゃないかな?

そして、、、、、、、、


ファミコン全盛時代に小学生
スーファミ時代に中学、高校
PS、サターン、が大学

15年近くゲームをやっていた事になると思います





今では「昔は良かった」と思ってしまう事が多いのですが、じゃあ今FC版のDQ2のLV上げをやるかというと、それはやっぱり面倒なんですよね(復活の呪文抜きにしたとしても)
特に昔のRPGは中ボス倒す為のLV上げに3日とか平気でかかりますから
(1日1時間と決められていたりする家は、平気で1週間ひたすらLV上げてたりした)


やっぱり人間というのは

面倒くさがりで飽きやすいという性質

を持っているのだと思います



ゲームの性能は上がりまくり、新しい概念(ジョブとかスキルとか)、手法、ジャンルが星の数ほど生み出されました


そして以前よりリアルで便利(プレイしやすい)ゲームが増えて行きました

昔はゲームの大半はクリア出来てなかったと思います
攻略本無しにクリアするのが不可能だったりするのは当たり前だったのが、アイテムコンプリートとかは別にして攻略本無しにクリア出来て当たり前となってしまうと、どんどん開発側もやさしくなって「迷わないように」とか「最初でつまづかないように」とか、どんどんやりやすい方向に進んでいきます


「まるで映画をみているような」というのが、ゲームとして果たして良い事なのかどうかわかりませんが、そっち方面に行き過ぎると、ゲームをやっている感覚が無くなっていくなら映画見た方が良いのでは、と思ってしまいます



ゲームというのは、なんて言うのかな、、、、、


バーチャルな要素に価値を創造する


という所が大事なのではないでしょうか?


つまり、、、、、、、、シューティングゲームの点数って、単なる数字です。でもその数字の上を目指す、いや、どれだけ目指したくなるか、が大事なのではないでしょうか?

なんなら実機は○で敵は■とか△とかに置き換えても面白いなら、本当に面白いゲームなんだろうと思うのです


それが、いつのまにか、キャラが萌えるとか、世界観とか、リアリティとか、ゲーム性の+αが重要になってしまった

でもこうやって書いている自分自身もそういう+α部分を求めていたりする


こういった自分みたいな、「昔は良かったと思っていたりするけど、昔のゲームなんてやってられるわけない」というユーザーって結構多いのではないかな

相手にするメーカーは非常に大変だと思います

なにせ何をやっても文句を言われるんですから

2ちゃんねるでもなんでもオンラインゲームでユーザーが運営に文句言ってないゲームって無いと思う


そろそろ提供する側も100%のユーザーを満足させるのは無理だという結論に達して良いでしょう



まぁどうしてほしいのかというと



周りの意見に惑わされずに良いものを作ってくれ





コレだけです

テーマ: ひとりごとのようなもの

ジャンル: 日記

独り言  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://gokurakumakoto.blog11.fc2.com/tb.php/197-2ba49321
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。