05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

極楽荘

  // 

いつの間にか野球経験の無い親の少年野球blogになってしまいました

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

ゲームについて 

昨日の続きです


音楽でもゲームでも


人気が出たジャンルは多くの亜流を生む


これは必然だと思います


そしてその多くは


機能追加

新システム追加

多機能化




を経てやりきったらそのジャンルはおしまい

しかし、、、、、、、、






いろいろな要素が追加される度に、本来の、一番ベースとなる部分の面白さが失われてしまうのが残念なんです


自分にとってはRPGといったら



戦闘



とにかくコレが面白くないといけない

育成なんてのは、その次に来るもので、育成の為の単純作業になってしまってはツラい



SFCの名作「ロマンシングサガ」は結構評価の分かれる作品です


その多くは戦闘のシステムで好き嫌いが分かれると思います


DQやFFでは、歩いている途中、突然戦闘シーンになります
いつ戦闘になるかどうかはわかりません


ロマサガは違います
歩いているモンスターに当たったら戦闘がスタートします

なんなら避けまくっても構いません



ただし、1キャラ分の道しか無い時、そこに長蛇のモンスターの列が並んでしまったりすると大変

全部のモンスを倒さないと先にいけません

このあたりも評価の分かれる所でした



ただ、自分にとっては、それが楽しくて楽しくてたまらなかった、戦闘というルーチンワークが楽しい作業だった

ロマサガシリーズの特徴として、経験値が単なる数値として参照されていないのもワクワクします



他のRPGは

経験値3のスライムを1000匹倒したら

経験値3000の大型モンスターを倒した事と同じです



でもそれってなんかおかしくない?って思いますよね



そういう単なる数値で参照されずに上がるステータスとか、いきなり覚える必殺技とか
非常にワクワクしました



そういう所が自分にとっては戦闘が先に進む為のルーチンワークじゃなくて、楽しい作業になっていました



何が言いたいかというと、



一番核になるものが面白い事が大事なんだ




ということです



それが単純であればあるほど、人への希求力になるのではないかと思うのです




複雑な要素をプラスしていくより、本質、核の部分を見直した方がよい事って結構あるような気がしませんか?




今日のマイリス











テーマ: ひとりごと

ジャンル: 日記

日記  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

この記事に対するコメント

おひさ~

なんとなく復活してみました

シルミド、今たまっている映画を見終わったら見てみます~

謎解きいいですよね

お使いゲーはぜんぜん好きじゃないです

そういえばDQ2とかDQ3の頃って、あても無くいろいろな所をさまよって、各地の謎を解いていくというのが楽しかったですね

海に出たときだって、とくに行くあてもなく放り出されて、海のモンスターにやられる、とw


まぁ、いまさら新しい街に行ったからってワクワクするかって言うとぜんぜんしなくて、「イベントのフラグは~~~?」とか思っちゃうんですけどね

つまり楽しんでいないのは自分のせい?

URL | 極楽 #-

2008/03/17 09:33 * edit *

いつの間にか復活してたのね!!

映画はシルミドお勧め

コアってか一番時間を取られるのが戦闘なわけで、その戦闘をいかに楽しめるかが大事だね!
戦略的要素でもいいし、トラップ的な要素でもいいし
謎解きに力を入れてくれると楽しいんだけどなぁっと思う今日この頃

URL | ぼる #-

2008/03/17 00:32 * edit *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://gokurakumakoto.blog11.fc2.com/tb.php/195-634ea12f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。