07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

極楽荘

  // 

いつの間にか野球経験の無い親の少年野球blogになってしまいました

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

やっちまったね 

ものすごい期待されていたり

ものすごいプロモーションがあったり


そういった盛り上がりがあったにもかかわらず




あ~~~~やっちまったね



と思われてしまうものって結構ありますね

いままでいろいろな音楽を聴いてきたなかでも、次回作でコケてしまったバンドも多々ありました



これもそのひとつかな、、、、、、、
見てきました



L change the worLd




全2作でのマツケンがあまりにかっこよかったので、結構期待して見に行きました





しかし、、、、これは「やっちまった」部類ですね

(以下ネタバレありです)




















もう全体的にミスキャスト感が漂う


ナンチャンは、ひどい。ひどすぐる
別にナンチャンがすべて悪いわけでもないが、どうしても出てきた瞬間にB級感が出てしまう
おまけに話に絡んでないし、必要性も無い


こういう事があると、その他の部分もおかしく思えてくる

鶴見辰吾の死ぬ瞬間もいらない

福田麻由子も、悪くないのにどうも雰囲気がおかしく思えてくる
(つーか、あんな怖い顔撮っちゃダメだろ)

敵がどうにも陳腐、頭悪そう

海外ロケいらね~


ほかのWEB上の意見とまったく同じですが

DEATH NOTEである必要性が無い

というのは本当に致命的だった




大体監督がおかしいよな、、、、




しかしマツケンはすごく良かった


L以上にLになっている


これってすごい事だと思う


大体実写版の映画は原作とのギャップ感が必ずあるし、時間の枠の制限があるから、話も変わったりする

そこが面白いところでもあるですが、原作を超える事はほとんどない、特にキャラクターは実際の思い入れがあればあるほど違う点が目に付くはず


しかしマツケンのLほど、愛されているキャラがあるだろうか?
Lのキャラ設定も原作とすこし違うのだが、そんな事に突っ込む人はごくわずかで、こっちが本物なんじゃないかと思わせるだけの魅力がある

この映画でもマツケンは良かった
だからこそ惜しい


ウィルスとか大掛かりなのじゃなくて、良いか悪いかの判断すらつかないような事件に対して、最後の最後に人間っぽさが出てしまったようなLとか、そういう微妙なのが見たかった


まぁとりあえずデスノは2作で終了したと思ってもらったほうがよいと思います









今日のマイリス











テーマ: 映画感想

ジャンル: 映画

映画  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

この記事に対するコメント

>バサラさん

おひさです~
ご無沙汰してしまってすみません

いいシーンも、多少あるんですけどね、、、


大日本人か~、コレもなかなか借りようと思って、手に取っては借りずに棚に返すという感じでまだ見てないです
そのうち見るつもりですが、そうか~やっぱりダメなのね^^;

URL | 極楽 #-

2008/03/08 23:34 * edit *

ひさしぶりー^^

デスノ2作見ておもしろかったので見ようと思ってたけどレンタルした方が良さげですね。2作目のラストは漫画通りになるんだろうなと予想してただけにいい意味で裏切られ、それを23日後に死ぬと次回作につなげる布石にするのはうまいなーとも感心。私の最近見た中での”やっちまったな”は大日本人。・・・これはヒドイ!

URL | バサラ #-

2008/03/08 10:40 * edit *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://gokurakumakoto.blog11.fc2.com/tb.php/188-78ae75c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。