05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

極楽荘

  // 

いつの間にか野球経験の無い親の少年野球blogになってしまいました

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

音楽遍歴 その1 

結構重めな話題ばかり続いたので、気軽に更新出来るないようのものをやりたいと思います

私は、そうですね~~、だいたい15~25才くらいまで、音楽が一番の人生でした

音楽こそが、自分の人生を豊かにしてくれたと思っています


そんなある一人の音楽の遍歴を語ってみようと思います


ロックの目覚め

自分の人生で一番最初のロック体験

それを語る前に、自分の環境について書いて見ます
自分の親は、世間で聞かれているような音楽は一切聴きませんでした

これが、BEATLESとかQUEENとかLED ZEPPELINとかDEEP PURPLEとか聴いててくれたなら、自分も幼少時からいろいろな音楽が聴けたのですが、そういった環境はありませんでした

27年くらい前の子供が一番最初に買ってもらう音楽は、当然

アニメの主題歌

の入ったカセットテープです


もちろんそれはそれで、子供なりに楽しく聴いていました

そんなゲッターロボとかマジンガーZとかみなしごハッチとかの中に光る1曲があったのです


その曲はどんな曲とも違っていました

かっこよくて

なんか悲しさがあって

そしてぬくもりがあって、、、、、

ヒーロー物の主題歌とは違った「何か」があったのです


それは、、、、、、、、、、




「哀・戦士」




映画版ガンダムⅡの主題歌です



それは本当に衝撃でした

今までは「これは正しい」(ヒーロー物的に)と思っていたのが、「コレはコレ、ソレはソレ」といったちょっと大人の視線を持った見方をはじめて垣間見たような気がしました

子供ながらに「悲しいけどコレ、戦争なのよね~」と自分と世間の間に何かが生まれた、まさにその瞬間でした

自分の中での音楽は、そう、5歳にして生まれ、それからなんの発展もなく小学校の5年生まで続くのでした



そしてあるミュージシャンを知る事になるのです、、、、、、、、



そのミュージシャンは、偏った何かを持ちつつも、現在も第1戦で頑張っています(それはある意味ギャグになるほどですが)

今ではそれほど多くの思い入れはないけれど、それでも彼の歌を思い出す時もあります

続く、、、、、、、、、、、
趣味  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://gokurakumakoto.blog11.fc2.com/tb.php/137-e26a8a4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。