05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

極楽荘

  // 

いつの間にか野球経験の無い親の少年野球blogになってしまいました

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

人間の感性について 

見てきました

さや侍

松本人志の第3作目となる映画です

本当に面白かった。ラストも良かった。あまり情報を入れずに見てほしい作品です。

ただし!!!前2作が面白いと感じた人のみ。
あれが面白くないと感じた人は今回もたぶんダメだと思います。



自分としては「大日本人」「しんぼる」共に好きな作品です

どちらも評価が両極端というのも面白い

つまらないと言う人は頭にくるくらいつまらないみたいだし、面白いと言う人には斬新でオリジナリティーのある映画に思えるみたいです


それを考えると、普段からTVで「視聴者」という得たいの知れないものを相手にして憤慨しているよりは、金を払ってでも来たい人間を集めてその評価をダイレクトに聞けるというのは良い事だったのではないかと思います。


今度は大日本人がハリウッドで映画になるようですが、どんな映画になるか楽しみです。



しかしどうしてこうも反応が分かれてしまうんだろう?と考えてみるとやっぱり何かしら感性の働く箇所が違うんだろうなと思います。
今回ちょっと重要な役割の竹原ピストルは、以前このblogの中で紹介しました。
「東京紅葉」
歌詞


野狐禅というデュオを組んでいた人で、あまり知名度は高くないですが、歌詞の青くささと現実の自分とのギャップみたいなのを歌わせたら天下一品です

自分はいろんな人にすすめたけれど、全然賛同してくれる人がいなくて、松ちゃんがラジオで野狐禅の事を話していたのをyoutubeで聞いた時は「ああ、ちゃんと理解してくれる人がいるんだ」と思って嬉しかった。



野狐禅を気に入っているという話を聞いて思ったのは、松本人志は本当に「哀愁」を感じるものが好きなんだなぁという事です。そしてもうひとつの原動力となるのは「貧しさという背景」だと思う。
笑いのベースになっているのが、日本全体が豊かになっていく中で自らが感じた「貧しさ」と、そこから発生する「悲しさ」や「みじめさ」。これが重要なのだと思います。


でもそれは言葉でくくってしまうと狭いし、的確じゃないんですが、、、、、なんというか、簡単に言うと「人間に対する愛」なんですよ。


人である以上、どうしようもない部分もある、でも良い部分もある。悪い面もあれば良い所もある。そんなの人間の歴史が始まった昔っからそうなんですけど、そういうダメな部分を切って捨てれない人なんだろうと思う。


少し話がそれますが、自分は弘兼憲史の「人間交差点」って漫画が昔っから好きなんですが、あれもひどい話が多いんです。本当に簡単に人が死ぬし、人物描写もすごい薄っぺらい。でも「人間って、こういう場面だとこうなっちゃうのかなぁ」と思うんです。あれの反対側に近いような気がするんですよね。


あんまりわかってもない自分があえて偉そうに言わせてもらうけど、

松本人志の笑いというものは非常に底が浅いものを「対象」にしているケースが多くて、さらに笑い自体もその悲しさの裏返しという部分があるので、そこに哀愁を感じられない人には薄っぺらい印象しか残らないんだろう。

と思うんです。笑い自体が底が浅いという意味ではなくてね。

おそらく大日本人で、最初に家の庭が写される場面で何も感じないのであれば、たぶんこの先何度見ても同じようにつまらないと思う




例えばね、「幸福の黄色いハンカチ」って説明すれば大したストーリーじゃないですけど、いい映画ですよね。
高倉健はハッピーエンドを迎えたんですが、その裏で「ハンカチ無かったわ、、、、」ってオッサンがどっかにいて、それは本来映画にはならないんですが、それを笑いに変えたのが松本人志なんじゃないかな、、、、
でも、「そんな話、映画にするな!」ってのも、当たり前といえば当たり前な話でもあるんです



そういう意味で、前2作に何の感慨も抱かない人が今回も「面白くない」、さらには「また、だまされた」というのは無理もない話で、それはしょうがない事なんじゃないかな、と思います。

さらに、ここで言う貧しさや哀愁を日本では感じないですむようになってしまったという事は、松ちゃんの笑いを面白くないと思う人が確実に増えている事でもあるんでしょうし、悪いのはそれを感じない人ではない。

まあ、ここまで酷評されてしまうのは松本自身が、面白いと思わない人らを「わかってないヤツら」とみなしている事も原因のひとつなんですけどね、、、、



人を笑わせるのは感動させるより難しい。

それは長い歴史の中で残ってきた作品で「笑い」を主題にしたものが「感動」を主題にした物に比べて少ないという事を考えれば一目瞭然でしょう。

でもどちらも、人間というものを描いた表と裏であって、裏が出来る人は表だって出来る事の証明になったんじゃないかと思う。

そういう意味では松本人志はすでに前時代的な「お笑い芸人」になっているのかもしれません。

でもこの作品で「感動」と「笑い」をオセロのように巧みにひっくり返し続ける事の出来る「裏」を使える映画監督である事が証明されたとように思います。

映画を見た半分の人は次の作品も楽しみにしているのではないでしょうか、、、、

本当は日本人にとってのユーモアについても書きたかったのですが、長くなったのでいったん終わります、、、、
スポンサーサイト

テーマ: 最近見た映画

ジャンル: 映画

日記  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

WINDOWS7タンについて 

ITサービス企業「早くXPから7に移行するんだ!」


現在、量販店で売られてるのはみんなWIN7ですが、うちらの業界はXP率がものすっごい高いです。私の仕事用のマシンはWIN7に移行しましたが、家で使っているのはいまだにXP。

やっぱりXPは安定しているというか過不足なく動きますからね。それでもWIN2000からXPの移行の際には2000の方が安定してて軽いって言われてましたけど、、、、 たしかに2000は新しい事さえしなければ安定しているかもしれませんが、どうにもハードウェアの障害によるブルースクリーンが多発してたと思う。

XPのSP2あたりになってから「PCはもうこれでいいや」って感じになるくらいのレベルにはなったと思います。WIN7使ってみて最初は違和感とイライラできつかったですが、慣れてくると「まあ、これでもいいか、、、、」ってくらいにはなってきました。


しかし一般企業、特に小企業、零細企業ではいまだにXPが使われています。特に工場なんかではWIN7なんて全然見ない。
さらに問題なのが、そのPCが壊れた際にそのユーザーは「XPでなおかつ○○○○が付いているPCをほしがる」という点です。伏せてあるのは後で説明します

まずXPについてですが、なぜこんな事が起きるのか?それはこういう事なんです、、、、、



日本の製造業で町工場もしくは零細企業はバブル以降、ずっと減少しています。生き残っているのは時代の変化に対応出来た会社、もしくはまったく対応させなくてもよい、特に後継者もなく、食っていければよいというレベルの家族経営の会社ばかりです。

その時代の移り変わりを生産効率を上げる事で対応してきた会社には、なにかしら高級な設備としてのソフトウェアが入っています。そのソフトのおかげで、以前より早く、そして他では真似の出来ない品物を作る事が出来るようになった所が生き残っている訳です。

そういったソフトウェアというのは常に開発を続けてバージョンがあがっていきますが、それは「常にユーザーに最新のものが使える」ように、「保守費用」をもらって、「使用許諾権」を貸与します(だいたいの日本人の感覚ではソフトを「買った」と思ってるがそれは間違いな場合が多いです)。
その保守費用が払わないユーザーが数年前から急増しています。これは金額的に払えないという事と、費用対効果として今の機能で十分足りてしまうからこれ以上のバージョンに上げる必要性が無いと判断した場合にわかれます。

なので、その「企業の運営にとって重要なソフト」を古いバージョンのまま使い続けているわけですが、これがまたWIN7で動かなかったりするわけです。
本当はEXEファイルは動くけれど、インストーラーが対応出来ていない事が多く、XPでインストールしたファイルとレジストリがうまく移行出来れば、動いたりすることもあるのですが、当然メーカーは対応しないし一般ユーザーだと想像で「これとこれを動かしたら動くかな?」という感じで自分で調べられる人でないと難しい。

今回震災や津波でも相当な数のXPのPCが動かなくなり、買い換えている所が多いと思いますがもうXPは買えません(少し前まではXPダウングレードというタイプのワークステーションが買えましたけど、さすがにもう無理っぽいですね)


震災の影響でストップしていたけどようやく再始動しはじめた所で、こういった問題が結構上がってきているだろうと想像します。


とくに「保守費用」ってのは継続性があるので、3年止めてしまったものを再開するには遡って払う必要があり、さらに購入時から先の分の保守費用を払わなくてはいけない事が多いからです。つまり3年前に止めたら4年分払う必要がある、と。
もともと1年分の保守費用が払えなかった会社が、いきなり4年分払えるわけもないので、そういった事に対してなんらかの国による補填を作ったりするのかな~と思いますが、結構難しいんですよね。1年間にかかる費用と保守再開の費用が何倍にもなってしまうので、、、、

この辺は今後の対応を見ていきたいと思います。



さて、さっき伏せた部分ですが、正解は、、、、、、パラレル(ポート)です。プリンタポートとも呼ばれますね。これが結構な問題でして、、、、

今のワークステーションはほぼパラレルポートがありません。

当然?確かにね。今はUSBがあるし、プリンタですらみんなLANかUSB。

でも、、、これがまた結構必要なんですよ。


ソフトウェアはライセンスをなんらかで管理して動かします。今はネットでアクティベーションしてたりします。古い時代であればシリアルナンバーのみだったり、、、、しかしある程度特殊で高価なソフトは何でライセンスを管理していたかというとハードウェアロック、つまりPCにライセンスを許可するデバイスをつけて、それでソフトの起動を制御しています。そのデバイスは今はUSBタイプが多いですが、昔はみんなパラレルに刺すタイプだったんですよ。
パラレルタイプのハードウェアロックは重ねて刺す事が出来るので、PCの後ろに何重にも刺さってる所って結構あります。

そのUSBタイプへの切り替えは当然有償になるので、これまたWIN7への移行が遅れていくという原因になっています。

おそらく相当数のXPまでしか対応出来ないソフトウェアの使用権が、WIN7に対応出来ずに徐々に消滅していくんだろうな、、、、、、机の中にライセンスキーだけ入っていて

新人「先輩、コレ何すか?」
先輩「それ、昔使ってたソフトのライセンス」
新人「もう使ってないんすか?」
先輩「動くPCがなくなっちゃってね」
新人「へ~、じゃあもういらないんすね」
先輩「社長が捨てられないみたいでね、すっげー高かったんだってよ、900万とか言ってたっけな?」
新人「マジすか」
先輩「でもその前の時代だと2000万くらいだってさ」
新人「すごいっすね」
先輩「今の30万のソフトの方が断然性能いいけどね」

、、、、、なんてやりとりが、日本のどっかで繰り広げられてると思います、わからんけど(笑)


小規模な会社がお金をソフトに回せるくらいになる日はもうこないのかも知れないと思っていますが、、、、、




まあ、個人的にはWIN7はまだいいのですが、どうしてもいやなのがOffice2010!!


ホント使いづらい。なんなの?あのリボンとかいうインターフェースは!?(怒)

メニューバーを返してくれ!つーか会社で使ってるのがOfficeだからしょうがないけど、OpenOffice等が出てきてるんだから、次はそれに乗り換えてもいいような気がする。EXCELはVBA使うし、PowerPointはアニメーションが良くなってるからOfficeでもいいけど、とにかくWordが最悪。前々からWordというソフトの出来の悪さには悩まされていたけど、リボン形式になってさらに悪くなった。

日本語の冊子を作成するのに最適なソフトってないのかな、、、、、100~1000Pの本を作成するのに最適なやつ。

WIN8は全体的にWINDOWSインターフェースの基本としてリボンの形式になっていくようですが、勘弁してほしいなって思います、、、、、

テーマ: 今日のつぶやき

ジャンル: 日記

日記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。